医学部受験の成功者は、努力の天才である Part1

医学部受験を成功した人というのは天才である。このように考える人がいます。確かに彼らはある意味天才であるかもしれませんが、言い方が少し異なるのです。医学部受験の成功者は、努力の天才なのです。医学部に合格するためには、並大抵の努力では合格できないです。たいていの人は、一日10時間以上の勉強をしたと言います。私の友人に医学部合格者がいるので、どのようにしてこれほどの勉強をすることができたのかを聞いてみました。友人は、「一年だけという期限付きがあったからできた」と軽く答えました。たとえ一年という期限付きがあったとしても、一年間毎日10時間の勉強をすることというのは、普通の人ではなかなかできないです。だからこそ彼らは努力の天才なのです。具体的に、どのような気持ちを持って受験生活を送っていたのかを私は聞きましたところ、二つのポイントを聞かされました。まず一つ目は、受験生活の間でも、必ず休息の日を入れるということでした。

今後の日本の行く末は精力剤にかかっている

沖縄 ソープランド おすすめ